FC2ブログ

“Global Heart”

~ Yogaでシンプル・ライフ from Greenwich CT ~

Happy Halloween!

今宵はHalloween!

子供が小さい頃は、Trick or Treat に付き合って歩き回るのが、
寒い中、もう帰ろうよー、なんて気持ちでいましたが、今では懐かしい思い出です。
結構お母さん同士も盛り上がる楽しいイベントですよね。
皆さん、如何お過ごしでしょうか。

今年はDaylight Saving Time の期間が一週間延びているので、
Trick or Treat に明るい時間が1時間長くなりましたね。
子供達の活動時間も延びて(=収穫量も増えて)、お母さん達、たいへんかも・・・


<日刊アメリカ暮らし・生活まめ知識>の中に面白い記事がありました。

 「ハロウィーンと言えば、仮装した子供達のTrick or Treatと仮装パーティーですね。
この仮装の習慣は、アイルランドのケルト民族に起源があるそうです。

 1年を夏冬の二つの季節に分けて考えていたケルト民族にとって、ハロウィーンは夏の季節の最後の日であり、同時に1年の最後の日でもありました。この日には、この1年に亡くなって肉体を失った人の魂が、翌年、自分が使う生きた肉体を手に入れるためにこの世に戻ってくると信じられていたのです。

 もちろん、生きている人間にしてみれば死者に身体を持っていかれるなんてまっぴらご免。ですから、10月31日の晩には村人たちは家の火を消して、家を寒く居心地悪くして、悪鬼のような衣装を着て近所を騒々しく練り歩き、肉体を求めてさまよう魂をおどかすよう出来る限りタチの悪そうな振る舞いをした‥‥と、これが仮装の由来なのだそうす。」

起源は肉体と魂の二元論にあるのですね。
ピュタゴラス、プラトンの世界です。


そういえば、私の住んでる通り名もケルト民族に関係があり、〈運命の石〉という意味があります。

ケルト伝説に登場する石で戴冠石として使われ、
正しい王がその上に立つと人間の声で予言するとされているそうです。
現在、ウェストミンスター寺院に安置されていて、アイルランドのタラの丘にもあり、
現地のゲール語ではリア・フォールと発音されるそうです。

何だか意味有り気。家の周りは岩だらけで岩の上に家が建っているような敷地です。
何か聞こえてきそう・・・

Anyway,Happy Halloween! 


  IMGP1981.jpg    IMGP1980.jpg




スポンサーサイト



テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

アメリカ生活 | コメント:1 | トラックバック:0 |
| HOME |