FC2ブログ

“Global Heart”

~ Yogaでシンプル・ライフ from Greenwich CT ~

喫茶去

           
   774_1[1]    118-03b[1]


ここ暫くお茶を楽しんでいなかったナ…

茶に逢ったら茶を飲む。
香が漂ったら香をきく。
茶を飲むときは茶だけに自分を向ける。
他の介在する余地はない。
そう、「喫茶去」。。 お茶との一体化。


司馬遼太郎さんの『戦雲の夢』の中の言葉にハッとして
今日、久しぶりにお茶を点てました。

「喫茶は作法どおりにするがよい」
「なぜ、作法どおりにせねばならぬ」
「遊戯じゃ。人には欲望がある。
欲望というのは、もともと生死につながっている。
めしを食い、女を抱き、憎い者を殺し、金をもうけ、土地をひろげ、
人はその生死の欲望から片ときも離れ去るわけにはいかぬ。
遊戯とは、生死の欲望から、人をわずかでも離れさせるための方策じゃ。
遊戯には、さまざまのときめきがあり、いずれも生死の大事と関わりがない。
茶の作法も、男女の遊びの作法も、遊戯にすぎぬが、
遊戯のとりきめにおのれを縛りつけるときのみ、
人は生死の欲望から離れることができる。
作法どおりにするがよい」



遊戯にときめき。。
あそびーましょ♪
「よくいらっしゃいました、まあお茶でもどうぞ」、喫茶去。。 




テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

未分類 | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<Drops | HOME | ポタリ >>

この記事のコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-03-14 Sat 01:36 | | #[ 編集]
ほんとうに禅問答みたいですね(^-^)
でも、とっても楽しいです。
作法どおりに、という、型のなかにこそ
自由の本質が隠されている・・・。

一見、相反するものこそが、実は同一だったり
する、って、いろいろな事象に当てはまりそうですね。
2009-03-14 Sat 22:59 | URL | miyo #vqm8JHu.[ 編集]
>miyo様

理不尽なことも多い人の世に…
答えを見つけられない時は、一元的な意識の領域に
身も心も置くのがいいのかもしれない。

禅問答は頭を柔軟にする為のコミュニケーションのよう。。Yogaもネ。
2009-03-18 Wed 15:34 | URL | ディオティマ #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |