FC2ブログ

“Global Heart”

~ Yogaでシンプル・ライフ from Greenwich CT ~

恋人は。。

15年も離れていると・・・
記憶の中の風景は勝手にひとり歩きして、
現実のものとギャップがあるのではないか…

夢は夢のままに、記憶の片隅においておくほうがいい?
昔の恋人に寄せる想いはそんなものかもしれない。

いえいえ!
恋人は裏切らなかった。。新たな部分も融合して魅力を増していました。^^


話しには聞いていたけれど、その姿を想像できなかったLondon Eye。。
世界最大の観覧車は一周30分をかけてロンドン中を見渡せるようになっていました。
ビッグ・ベンもこんな角度からを見下ろして…

  DSC00183.jpg    DSC00139.jpg

はじめは見慣れない風景もそれなりに溶け込み馴染んで、
他を納得させる力をもっているのかもしれない。
長年住んでいる知人は、これが見えないと、
もうLondonではないと思うようになったと話します。

  DSC00273.jpg    DSC00358.jpg
バッキンガム宮殿からも、ハイド・パークからも見えるLondon Eye



アメリカでは21歳だけど、イギリスでは18歳から公にお酒が飲める…と
是非パブに行ってみたい!と願っていた娘の希望を受けて、
生後5ヶ月だった娘を知る知人夫妻が、成長した娘に乾杯と、
宅から車で数分のウィンブルドンのパブへ連れて行って下さいました。

  DSC00457.jpg    DSC00471.jpg

15年後にこんな日が来るなんて想像もできなかった。。

帰国した8ヵ月後に息子が難病であることがわかり、
途方に暮れる間もなく、
続いて主人の癌の告知を受けました。

それまでの生き方、ものの見方を変えなければ、
とても生きていけなかった。
4歳になったばかりの娘をきちんと育て上げなければ… 泣いてばかりいられない。
息子がいつか自分の生に対し悩み疑問を抱いた時に、なんて応えてあげられるのか…
まったく自信がなかった私は、ここから本当の生を生きてきた気がする。


たいへんだったわね… と知人が私の手をとり優しく頷いてくださった瞬間、
ここまで歩んでこれた道に、そしてこれまで出会えた人たちに
感謝で胸がいっぱいになりました。
知人夫妻との15年ぶりの再会は、これまでの歩みの一区切りとして
天からプレゼントされたような… そんな夜でした。

Londonはずっと見守ってくれていた、温かく優しい恋人のよう。。
私もアナタのように、これから来るべく出来事と上手に向かい合い
調和しながら進んでいきたい。 
また来るね♪ 


  DSC00410.jpg   DSC00062.jpg   2009_041220090412London0028   

  
DSC00593.jpg   DSC00633.jpg   DSC00539.jpg
   



テーマ:日記 - ジャンル:日記

思う事・感じる事 | コメント:7 | トラックバック:0 |
<<ブラームスはお好き? | HOME | from London>>

この記事のコメント

どんよりと重い色の彼の地の空ですが、
その下を歩くディオティマさんは、天使の羽根のようにかろやかな、しなやかな心もちでいらしたんですね。

生の重みと正面から向き合うことで、ご自身にとっての生の意味を確立された、大きな大きな15年を生きられたのですね・・・・。

それにしても・・・ロンドンは、15年を経て・・・魅力を増した恋人。。。なんですね。。。。素敵な表現に胸が熱くなってしまいました(※^-^※)

2009-04-14 Tue 21:02 | URL | miyo #vqm8JHu.[ 編集]
初めてコメントします♪
いつも読み逃げでしたが、懐かしさでついでてきてしまいました^^

我が家もロンドン大好きです。
娘が3か月の時に連れて行きましたので、初めての
子育てでそれは大変で...
今のようにPCも無い時代でしたからインターネットもメールもできませんでしたが、お友達に恵まれました。
ロンドンで生まれた息子も来月アメリカで14歳を迎えます。
ロンドンで過ごした年月とアメリカで過ごす年月がおそらく同じになる頃日本へ帰国となりそう
ですが、
前回の方が何倍も長いような気がします。

ディオティマさんとロンドンの何処かでお会いしていたかもしれませんね。
その後の14年を比べると私はほんの少ししか成長していないかもしれませんが。

ロンドンに対して同じ思いを持たれているのを知って、とても嬉しくなりました。


我が家もこの夏14年ぶりに長年の恋人に会いに行こうと思いますv-343

2009-04-15 Wed 08:07 | URL | はまっこ #-[ 編集]
 自分が強く明るく生きなければいけないDiotimaさん・・・・・
 ロンドンはきっと大地なる母なのでしょう
  ”泣いていいのよ、頑張ってるねと
            自分を褒めていいのよ”
と懐かしい町並み、友人、今のその時間が今までの努力と頑張りを優しく包んでくれているのです

子供の頃のように心から甘え充電してきてください

 心揺さぶられるような日記共有させていただき
感謝です!読ませてもらい私も少し心が洗われた気がします
  
 
2009-04-15 Wed 09:08 | URL | みやちゃん #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-04-15 Wed 14:38 | | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-04-16 Thu 11:44 | | #[ 編集]
>miyo様
羽根が生えていたかもしれません♪
滞在中とっても軽やかでした。Yogaをするものすっかり忘れていました。^^
出会う人みんなみんな優しくて天使がいっぱいでしたよ。

>はまっこ様
初コメントありがとうございます。
幼い子供たちを連れてきっと何処かで出会っていましたね! 
イギリス英語も、食するもの観るもの聴くものすべてが懐かしく、
記憶のない娘についつい昔話をしてしまいました。
夏、素敵な再会となりますね! 長年の恋人は待ってくれていますよ。

>みやちゃん様
ナショナル・ギャラリー(美術館)は、
当時住んでいた家の乗り換え駅にあったので、昔、時間があると
訪れては大好きなゴッホの向日葵を、椅子に座り眺めていました。
15年ぶりに絵を同じ場所に見つけたときは感慨深いものがありました。
向日葵は光が増して、輝いて観えました!

心に残る旅でした。
幸せをいっぱい感じて戻って参りました!
ありがとうございます。
2009-04-19 Sun 16:29 | URL | ディオティマ #-[ 編集]
>鍵コメ04-15 Wed 14:38様
ロンドンにご縁があったのですね。
ウィンブルドンは変わらず素敵な街でしたよ。
感謝できる生を与えて頂いて幸せです。。
想いを寄せてくださってありがとうございます。


>鍵コメ04-16 Thu 11:44様
入学式、おめでとうございます♪ いよいよ始まりましたね。
GHSの同級生たちもそれぞれに大学先が決まり、
みんな遠くへ巣立っていく日が近づいて参りました。
旅立ちの季節ですね。
Greenwichもようやく春めいて来ましたよ。
2009-04-19 Sun 16:45 | URL | ディオティマ #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |