FC2ブログ

“Global Heart”

~ Yogaでシンプル・ライフ from Greenwich CT ~

言葉を手に

『婦人画報』に田辺聖子さんのこのような言葉がありました。

「大人になるということは、
たくさんの言葉を手にすることだし、
その言葉で面白く時間を紡ぐことです」


言葉は、「面白く人生を紡ぐ道具」だとすると、
手にする言葉とその用い方というものが大切になってきますね。

言葉のほか、論理や真理などを意味するギリシャ語はロゴスといわれますが、
初めてこの言葉を形而上的な意味で使った紀元前6世紀のギリシャの哲学者
ヘラクレイトスは、ロゴスのことを
「万物の流れの中に認められる秩序や形式を生みだす神的な力」と言いました。
そう、言葉は宇宙に秩序をあたえる原理である神聖なる力であると。。
日本語でも言霊といいますものね。
自分が想うこと、考えることもこの神的ロゴスに与っているのかもしれない。

手にする言葉で、またそれをどのように育み用いるかによって
きっと人生も様々に様相を呈してくるのでしょう。


 2009_0619GraduationClass20090009.jpg   2009_0619GraduationClass20090020.jpg   2009_0619GraduationClass20090060.jpg

19日の夕刻、威風堂々♪が流れる中、
689名のGHS卒業生たちがスタジアムに入場し、始まったGraduation。。
望んだ通り青空のもと、感動的な式でした。

みんなそれぞれの言葉を手にしながら、大人になり、
それぞれの時間を紡んでいくのだろうな…
夢に向かって、与えられた時間を
それぞれにユニークに紡んでいってね。。
そんな願いを胸に、輝く笑顔の卒業生達にエールを送りました。



さて、子育てひと段落の私、これからの時間…
いかに言葉をもって、面白く人生後半を紡んでいきましょうか。。
充電の夏にします!(*^o^*)


思う事・感じる事 | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<The Fourth of July | HOME | 無の作法>>

この記事のコメント

おめでとうございます。
心に残るお式で良かったですね。
きっと多くの出会いに恵まれる学生時代を
送って行かれるでしょうね。

長い間ご苦労さまでした。
2009-06-24 Wed 13:16 | URL | ロマンチスト #-[ 編集]
ロマンチスト様、ありがとうございます。
否否、長い間ご苦労さま、なんてバチが当たりそう。
長くもなく、苦労ともいえないです。
「子育て」という言葉は一方的ですよね。きっと子供達からは
「親育て」たいへんたった!なんて言葉が聞こえてきそうです。。^^
取りあえずひと段落、という気持ちでおります。迎えるこれからの為に。。
有り難い道程であります。
2009-06-24 Wed 18:08 | URL | ディオティマ #-[ 編集]
ご卒業おめでとうございます。何回目かの一区切りが終わったというところでしょうか。階段を一つずつのぼっていく。そして踊り場があって、それが学校というモノサシであったり、年齢であったり、ハンディを乗り越えることであったり、皆それぞれ違いますが、親にとってそれがまた親業の階段でもあり、それぞれの子供に対する向き合い方も変化していくきっかけにもなりますね。階段を上るばかりでなく、下がることもありますが、子供がいる限りその階段は永遠に続きます。年齢が上がるにつれ、独り立ちへの手助けの距離感も難しいところです。悩ましいことはまだまだ続きそうですが、区切りとしてたとえば学校でお祝いされると親も嬉しくなりますね、なんだかね。
2009-06-24 Wed 21:18 | URL | もんもん #-[ 編集]
ご卒業、おめでとうございます。
感慨もひとしおですねえ。スタジアムでの卒業式・・・って日本ではしないよなあ・・・なんて、思います。子育ては親育て・・・ほんとですよねえ~。

ディオティマさんの 生きてきた道のりを・・・これからも『言葉を手に』 ゆっくり、楽しく紡いでいきましょうね~~~。
2009-06-25 Thu 20:30 | URL | オーシャンターラ #-[ 編集]
もんもん様、コメントをありがとうございます。
「親業の階段」ですか。。 
横着しないで一段ずつ昇って来れたでしょうか…
顧みて観える一コマ毎の景色には、
悲しみの深さ分、否それ以上の喜びがちゃんと後に、
苦しみの味わい分以上に幸せの跡を残してもらったような。。
様々な出来事に母は強くも、しなやかにもなりました!
あれ、Yogaの効果と同じコメントになっています♪^^
2009-06-29 Mon 20:14 | URL | ディオティマ #-[ 編集]
オーシャンターラ様、こんにちは。
ハイスクールのアメフトのスタジアムです。
日本では考えられないですよね。スケールと文化の違いでしょうか。。

はい! ゆっくり、楽しく紡いで参りましょうね。
ターラ・ワールド♪より、気づきのお言葉を頂いております。
ありがとうございます。^^
2009-06-29 Mon 20:20 | URL | ディオティマ #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |