FC2ブログ

“Global Heart”

~ Yogaでシンプル・ライフ from Greenwich CT ~

The Fourth of July

 2009_07050043.jpg  2009_07050047.jpg  2009_07050051.jpg

 The Fourth of July アメリカ独立記念日の週末は、
星条旗が翻り、打ち上げ花火や爆竹が鳴り響く賑やかな夜でした。


そんな日に…
チャイナ・タウンで飲茶を楽しみ
リトル・イタリーでカフェを楽しみ
おまけに紀伊国屋も寄って戻ってきました。
「ここは何処?」^^状態ですが、
行く先々で、
Happy Birth Day, America!と聞こえてくるから
お祝いムードが移ってきそう。。


ニュースでみる日本がだんだん遠くに思えるこの頃…
私は根無し草化しているのかな。

いったい「国」ってなんだろう。。


 2009_07050022.jpg  2009_07050032.jpg  2009_07050033.jpg
 どれもこれもアメリカ。。
 melting pot?、それとも… 混ぜても決して溶け合うことのないsalad bowl?





テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

アメリカ生活 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<ハルモニア | HOME | 言葉を手に>>

この記事のコメント

現代に住む私たちはたとえ同じ場所にずっと住んでいる人でさえ、どこかfit inする感覚をふと見失う瞬間あるいは期間があるのではないでしょうか。

ましてや国境を越えてあちこち動いている私たちは自分たちの帰属意識が地縁、血縁に限らず薄いと感じても不思議はありませんね。自分が育った場所より、子供を育てた場所が「ふるさと」ではないかと3人の母の私は思ったりします。

また、mono culture で育たなかった自分の子供たちとmono cultureで子育てをしなかった自分は、cross cultureにどこか魅かれる(あるいは面白がる?)のを感じます。そしてまた余計に自分の中の日本を大切にしたくなったりするように思います。だからといって、mono cultureの人たちが視野が狭いとか、国際的でないとか全く思いません。ただ、自分たちはcross cultureなんだなぁ~とこの頃感じるということです。

そして、それを「国」とからめて考えると、アメリカは、アメリカの中にいろいろな多様性を内包しているから、逆に世界の多様性を理解できないという矛盾を抱えながら、世界をアメリカ化していこうとしているように思います。つまり、cross culture すぎてmono cultureが理解できにくいということかな、、、 そして世界の国々は、自国がアメリカ化していくのを嘆きながらその流れをなかなか止められないのが現状ではないでしょうか。 これからどうなっていくのでしょうね。

アメリカ自身も、私の観た感じでは、前回の赴任時よりさらmixedの感じがあります。大統領も黒人、帰国子女だものね。

私の根っこは? やはりヨガの心で意識を丹田に置けば、いつでも自分の大好きなものすべてと深いつながりの中に生きていけるような気がします。これからもお導き、宜しくお願いします。
2009-07-09 Thu 13:52 | URL | taba #-[ 編集]
taba様
素敵なコメントをありがとうございます。
現状のアメリカに対する洞察は流石!頷きながら読ませて頂きました。
世界のアメリカ化…
このままでは済まされないですね。ほんとこれからどうなるでしょう。。

余談になりますが、NYをはじめ大都市においてYoga人口が多いのは、
現状の行き詰まり感から、もっているcultureとは別の価値観に
魅せられるものがあるからでしょうか。
NYで触れる彼らはとても真剣で、ストイックなまでの人が多いです。

ソクラテスの弟子に、キュニコス学派のディオゲネスという人がいました。
彼は一枚の衣と、ごく僅かな生活必需品の入ったずた袋だけを所有して、
樽の中で暮らしていました。
幸福=自足、を実践した男で「樽の哲人」と呼ばれましたが、
彼は「お国は?」と聞かれて「私は世界市民だ」と答えたといいます。
文明に毒されて自然本来の生き方を忘れている…
そう警鐘した彼を、頂いたコメントを拝見してふと思い出しました。
2009-07-11 Sat 15:09 | URL | ディオティマ #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |