FC2ブログ

“Global Heart”

~ Yogaでシンプル・ライフ from Greenwich CT ~

WILL

 2009_10190003.jpg   2009_10170012.jpg   2009_1017.jpg

週末は荒れ模様のお天気!
洪水の被害が至る所であった様子ですが、皆様大丈夫でしたでしょうか?

息子はNew England Patriotsのブログをもつ程アメリカン・フットボールが大好きで、
彼は毎回ゲームを欠かさず観ているのですが、
昨日試合のあったボストン郊外が大雪で、吹雪の中の試合だったそうです。
まだ10月なのにね。。

街中にみられるパンプキンの色や形がユニークで可愛くて、
枯葉の季節をあったかーい気持ちにさせてくれます。
寒さに向かうのは苦手ですが…
Halloween、Thanksgiving、そしてHolidayシーズンへと続く
この時期も楽しいものです。。 
一気に年末になりそうな勢いですね。^^


      ~~~~~~~~~~~  ~~~~~~~~~~~


インド最古の文献、『ヴェーダ』の奥義書『ウパニシャッド』の
<自己の探求>という章の中にこのような言葉があります。
       (ここでいう自己とはアートマンという意味ですが)


 「もっとも深い願望があなたである。
 願望が存在すれば、意思が生まれる。
 意思が存在すれば、決意が生まれる。
 決意が存在すれば、行動が生まれる。
 そしてその行動が、あなたの運命を決定する。」

意思とは何だろう・・・
どこから来るのだろう・・・

英語の「will」をヒントに思考を巡らしていると、
意思とは創造の源のように思えてきます。
望み、願い、意志、意向、決意、決心… 他に 
willには遺言や、(神の)意という意味ももつ。
そう、現在形のwillは未だないものをカタチにするすべての根源のよう。


続くスワミ・チダナンダ師の問いかけにある、人類の進歩とはいったい何だろう。。
ご興味のある方、覗いてみてください。


<スワミ・チダナンダ師 講演録#2>

グルデブ・シバナンダがお教えになった精神世界、道徳的教えは
地球に生きているものにとって、また後に続いている人達にとって重要です。
今まで、人間は進歩を目指し、科学技術を発展させ、知識を集めてきました。
一方、何かが私達をいらいらさせ、真の幸福感がなく、
本当のものを求めている、という感じがもてない。
人間は、物質に恵まれ、富を貯蔵するという方向に向かって、一生懸命してきたが、
今、人は自分の愛の気持ちを伝えたいと思いながらそれに成功せず、
個人的にも、社会的にも、団体、企業内でも調和がとれず不幸な思いをしている。
物が益々増えるが欲望はこれに比例して増加し、
反面、精神的には不安定に暮らしている。
豊かさが増すと共に、私達は精神的な世界から離れていく。
欲望、物欲が増すと何かがその犠牲になり、
憎しみ、妬みが増えるという社会状況になる。
私達はもう一世紀に渡ってこのような方向に進んできた。
様々な発見、技術進歩、科学の進歩が私達を新しい世界に向け、広げてきた。
進歩するに従って過去と伝統を捨て、外の世界に向かうことを重要視し、
自分の内側の価値をどうするのか分からなくなっている。
文明が進み私達の生活は進歩したが、心の内側は昔のままの
粗雑な低い段階から脱しておらず、何か不自然を感じる。

人類の夜明けの頃、いわゆる原始時代、人々は随分厳しい条件の下で
生き残る作業をしてきた。
そのような時代は人として、いかに生きるかという問題は持っていなかったが、
大変な不安の中で生きてきた。
今、大変設備の良い建物の中に座っている私たちですが、
世界状態はどうなっているでしょう。
現代の科学技術は世界において、新しい怖れをもたらしている。
古代は動物達に喰われないかという恐怖から、今、核戦争に巻き込まれ、
生き残ることができるかという恐怖を持って生きている。
大国と称される国がお互いにお互いを信ずることができず、
自分の不信感から恐怖をもって生きている。
そして、その代わりどういう精神を持ったら良いのか分からない。

皆さんちょっと考えてみて下さい。
地球で生活を始めてから何十世紀にもなるのに、人間は相変わらず原始の人々と同じく、
果たして生き残れるのかどうか心配しています。
原始時代と同じなら、私達が言う進歩とはどういうことなのでしょうか。
ここにいる私達は幸いにかなりの知識を持ち、新しい時代を生きる方法を知っている。
同胞にどうしたら生存できるか、どうしたら幸福になれるか、分け与えたいと思いませんか?
私達は何かを他の人々と共にしなくてはならないが、その前にどうしてこうなったか
原因が分からなければそれも出来ません。
今までいろいろな知識を集め、科学を発展させてきた。
しかし人間はその財産を悪い方向へ使ってきた。
今、本当の幸せの中で暮らしていないで不安な中で暮らしている。
今まで私達が追い求めてきたものが人類を不幸にしている。
この歪み、マイナス面、また世界の人々を不幸におとしいれている生活は、
私達が追い求めてきた結果で、それは私達が内面を見つめないできたからなのです。
私達は外側ばかりで、内側の文化を進めるのがどうもうまくできなかったようです。
繁栄が続き自分の世界が外側に広がるに従って、
自己中心、他人を憎む、ということを行ってきた。
内側にそういう感情を持てば、外側に出てくる。
外で起きていることは、自分の感情が、また考えたことが、
結果としてでていると思いませんか?               <続>

Yoga | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<実践理性の要請 | HOME | スワミ・チダナンダ師講演録>>

この記事のコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-10-20 Tue 22:00 | | #[ 編集]
鍵コメ様、こんにちは。

はい、そのNHKスペシャル、友人が録画して観せてくれました!
病気療養中のチダナンダ師はその時、92歳だったかと…

交わされた第一声が、「わたしはあなたに何をしてあげられますか?」
ベッドに横たわられたお姿のままそう語り掛けらたお姿が印象的でした。

その時のチダナンダ師の言葉です↓

「あなたたちが幸せの太陽に照らされますように。
なぜなら日本人は太陽を拝みますよね。
太陽は最初に日本に昇りそのあとインドです。
ヨガの一連の練習に健康になるための10から12のポーズを組み合わせたものがあります。
太陽の礼拝スーリャ・ナマスカルです。
これをあなたにお勧めします。
ヨガは インドだけのものではありません。
ただインドで生まれ受け継がれてきた財産なのです。
ヨガはインドの古代科学です。
それは この世界のすべての国の人たちを助けるためにあるのです。」


東京もすっかり秋でしょうか?
こちら枯葉の山ができていますよ。 元気でいようね♪
2009-10-21 Wed 19:42 | URL | ディオティマ #-[ 編集]
 お久しぶりです
コンピューターを開けるたび飛び込んでくるブログで
勇気付けられています。いつでもどこでも繋がる今の時代に感謝です
 最近医療に携わる人達と知り合い話す機会が多くアメリカでもいかに心を強くいるのが大事か考える人が多くなり、ヨガに注目している人が驚くほど
多いです
 病院などもヨガのクラスが定期的にあり
一人呼吸法をする私に興味を持ってくれます
 日々感謝しています。クラスには参加できませんがいつも教えて戴いているように思います
2009-10-23 Fri 20:51 | URL | みやちゃん #-[ 編集]
みやちゃん、ありがとうございます。
私の方こそいつもたくさんの勇気を頂いています。

今のご時勢、欧米の人達こそYoga<調和・和合>を求めているのかも…
興味を示してくれる人が多いのは嬉しいですね。
それぞれがもつ叡知を素直に共有し合えると、
もっともっと平和が広がる… まずは身近なところからでしょうか。

いつでもどこでも、何があっても… コアに戻ろう。
丁寧に呼吸を味わいながら、進んで参りましょうね。
2009-10-26 Mon 20:46 | URL | ディオティマ #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |