FC2ブログ

“Global Heart”

~ Yogaでシンプル・ライフ from Greenwich CT ~

実践理性の要請

 2009_10220005.jpg   2009_10220006.jpg   2009_10220002.jpg

今日は朝から啄木鳥(キツツキ)が訪れ、コンコン、コンコン、と
大工さんのように、リズミカルに家を突いています。
壁は大丈夫かな。。^^

20℃を超えた今日、Indian summer♪ 夏が少し戻ったような陽気は
人間よりも、動物たちの方が鋭敏に感じ取っているのでしょうね。
庭で大きなリスと小さなシマリス達、そこに鳥達が遊び廻っています。
お互いが側で間近にいても、お構いなしに遊んでいるのに、
私が外に出たとたん、みんなすばやく逃げてしまいました。
共存している彼らの世界を人間が邪魔をしてしまっているのですね。
申し訳ない。。

明日からまた冷え込みが厳しくなる様子です。
今日の光と空気をいっぱい浴びておきましょ!


    ~~~~~~~~~~  ~~~~~~~~~~


スワミ・チダナンダ師の講演録、中略し最後の部分を追記しております。

「宇宙の真理」なるものが、あるのかどうかなど頭をつかって考えても分かる範疇でもなし…
でも、師が伝えられたように、「宇宙の真理につながっている」という感覚を持つことによって、
もし、どんな些細なことに対しても、素晴らしい価値があるのだ。。と思えたなら
生きるのが楽になるのではないでしょうか。。


ヨーロッパ中世を過ぎて、哲学者カント(Immanuel Kant1724-1804)は、
キリスト教義の中心である命題<魂の不死と神の存在>を「要請」します。
これらは理論理性の立場からはいかなる方法でも証明できるものではない。
でも、もし神が存在しなければ、個人の徳の完成も、またこの世での幸福も、保証され得ず、
私達の正しい行動も、秩序正しい認識も根拠を失ってしまう。
だから神は存在するはずだ、という立場を取りました。
魂の不死と神の存在(「自由」というのもここに入ります)というのもが
道徳的実践的な立場から要請されるとしたのです。


全く異なった文化の世界で、また時間軸も何千年という隔たりのある背景の中で、
東洋と西洋に同じテーマをもとに思想が繰り広げられてきた歴史に、
人間の変わらない営みをみるようです。

ある作家が言っていました。
「西洋は近代に入って、やっと東洋4千年の叡智に近づいた。
遥々遠回りをしたもんだな・・・」 と。

いかがでしょう?


<スワミ・チダナンダ師 講演録#3>

私達が生きていく上での本当の科学というのは、
「本当のあなたがどこにあるか」ということです。
私達の苦しみは、私達が宇宙の一部であり、神聖なものである
ということを忘れた時におきにおこる。

特に欧米では肉体のみのヨーガが広がっていますが、
「宇宙とのつながりを知るため」にヨーガの科学があるのです。
肉体的な健康を保つヨーガも良い。
しかし健康だけを重要視するだけでは、あなたを本当の健康に導かない。
ヨーガは“内側をみつめる科学”です。
宇宙とあなた自身をつなげることが中心です。
何をするにも、仕事においても、社会、家庭の中でも
あなたは宇宙とつながった真実であるという自覚をもち、
どんな些細なことの中にも素晴らしい価値、宇宙とのつながりを自覚しましょう。
毎日がつまらないと思っていますか? 
しかし宇宙と共にという感覚をもつと毎日が楽しくなります。
ヨーガで健康を得、他人に何かしていこうと思いませんか?
自分の為ではなく他人の為にある。
見返りは期待しないで、ただ他の為に自分があると思って下さい。
他の人が幸せなら自分も幸せになる。
自分には何の欲望もない。
もっとよく考えてみると、他という言葉はない。
あなたがもし宇宙の力であるとしたら、他の人も同じです。
外が違ってみえるだけです。
高貴な、他の人に愛をもつ人になってください。
真実だけを語り、質素に謙虚に暮らしてください。
ちょっとした言い訳、嘘の為に大きな悩みを持つようになります。
あなたの心が、あなたにとっておかしいという部分をとっていけば、
もっとすばらしいあなたになる。
あなたがヨーガをする時、他の人に喜びを与える準備をしていると思って下さい。
毎日するヨーガにより、心も落ち着き、家庭も平和になる。
近所の人に対しても、仕事の同僚に対しても、意見が合わなくても、
すばらしい同僚であると思ってください。
このようにヨーガをしましょう。
このような方向付けで、変わりつつある社会に貢献することができるあなたです。

私達の心には2つの働きがある。1.常に善良で積極的 2.悪で消極的。
良い方のチャンネルを広げなさい。
間違ったら引き戻してください。
飽きてきたらこの作業が未来を良くするという光を見てください。
そしてすばらしい知識をもった先人達の本を読んでください。
この世は大学のように毎日が勉強です。
これは大事なことなので明日まで待てない。死はいつ訪れるかわからない。
死ぬ時にすばらしい精神的財産をもっていってください。
人は古い本を新しい本に代えるように、すぐに変わることができません。
しかし苦い経験により、より高いものに変えていけるのです。
何度失敗してもあきらめない。
失敗はこれから良くなるためのステップである、と信じてください。

この宇宙の絶対なる真実がいつもあなたと共にありますように。   <完>


Yoga | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<落葉に… | HOME | WILL>>

この記事のコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2009-10-29 Thu 23:22 | | #[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |