“Global Heart”

~ Yogaでシンプル・ライフ from Greenwich CT ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

自我を超えて

雨上がり。。小鳥たちの賑やかな囀りが響き渡り、
濡れた緑がいっそう色鮮やかに映えています。
午前中のYogaクラスが終わり、大学から戻って来た息子のランチを用意して、
また大学に送り出し、ほっとひと息の午後です。。


「38億歳の自分がいる」。前述の続きでありますが、
そう感覚できるのは、呼吸が整いリラックスしている時で、
急いでいる心の時や、考えごとをしている時はなかなか難しいものです。

Yogaでは、私たちにはあらゆる生きものや物質とも共通する心があり、
その心で他の一切と接することが大切で、そうすれば、「自分とは何か」が
自ずとわかってくる、と考えます。
それは、Yogaを学ぶということは「自我(エゴ)」を学ぶことであり、
自我は身体の中に存在している
ものだからです。


Yogaのポーズには動物の名前がついているものがたくさんありますね。
進化順に一つずつ並べても。。
サカナのポーズ、カエルのポーズ、カメのポーズ、ワシのポーズ、そして赤ちゃんのポーズ…
更に、山のポーズ、月のポーズや星のポーズ、太陽を礼拝するポーズなど
自然を表したポーズもたくさんあります。
どうしてそのような動きがあるのか…

実はYogaはこれらの動作を通して、脳を強化し心の能力を開発しているのです。

人間を特徴づけている新皮質の前頭連合野(前述の「人生系の生き方」に相当しますが)
を活発に働かせるためには、土台となっている脳幹や古い皮質の働きが大切だからです。
進化の過程において、新しい脳は、その土台にある古い脳にエネルギー的に依存しています。

魚類は脊髄と延髄が中心で、呼吸や心臓の鼓動の中枢です。
両生類はこれに橋脳が加わり、橋は延髄と共に、
 呼吸・循環・嚥下などの反射運動の中枢で、視覚・聴覚・触覚その他の感覚を知覚します。
爬虫類にはこれに中脳が加わり、陸上での生存のために複雑な動作をする能力や
 感覚が要求されます。
 垂直状態での平衡保持に必要な感覚や運動機能の発達です。
哺乳類にはこれに大脳が加わります。
 特別に発達した牙や爪など、身を守る手段を持たない動物は頭を使って生きる
 必要がありました。
 二足歩行ができるようになり、どんどん大脳が進化し大脳皮質が発達したお陰で、
 道具をつくり、人類が困難な環境にも適応できるようになります。

これらの動作を意識的に行うYogaの訓練は、肉体の訓練というよりは、
脳の根幹部分を強化し心を訓練しているといえるかもしれません。
エゴが存在する大脳前頭前野の発達ばかりを強化していては、いつかどこかで
歪みが生じるのではないでしょうか。


いまを生きる人生系の中で、38億年かかって進化し繋がってきた生命系を
上手にバランスのとれた交わりの中で自分を捉えることが出来たなら、
少しは自我を超えた生き方ができるのではないか…、そのように思います。
Yogaはそれを導くメソッドのようです。

~迷ったときは呼吸をみつめて~


テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

Yoga | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<マー君 | HOME | 38億歳の自分がいる>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。