“Global Heart”

~ Yogaでシンプル・ライフ from Greenwich CT ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

勉強会!

クロッカスが芽を出し始めましたよ!
そして私たちも勉強会を始めました!

バランスの中でご登場頂いた和泉宏典さん路子さん
今月から健康講座を定期的に開いて頂きます♪
第一回目は先週金曜日、「姿勢と健康」についてお伺いしました。

ヨーガのポーズとは本来、
Asana=失われた身体のバランスを取り戻す体位・姿勢のことをいいます。
姿勢と健康のテーマはヨーガそのもの♪
宏典さんのはんなりした京都弁で (私と同郷のご縁でした!^^)
和やかに楽しい講義を進めて頂きました。

  生まれた瞬間から私たちは、「周りの環境」とのお付き合いが死まで続いていく。
  (実は胎盤の中にいる時から既に始まっている、と路子さん)
  その環境とは、空気、人や食べ物であったり、言葉や耳に入ってくるもの全てをいう。
  <周りの環境>に<受け皿>がどのように対処していくかが、健康に関わっていく。

  この「受け皿」というのが身体であり、姿勢、バランスというもの。

  生の中で、与えられた環境や時間の中で、
  バランスを崩したときに、如何に立ち直り整えられるか?
  そこで精神的な部分も含めて≪姿勢≫というものが大事になってくる。

  では、よい姿勢とは?  ①重力に対して安定した<正しい位置>にあること。
                  ②<柔軟性>があること。  
                  ③<筋力>があること。

  例えば、肩こりの原因は頭の位置が悪く筋肉が硬直した状態から生じる。
  頭の場所を正しく整え、動かすことによって殆どが治る。
  車にとってハンドルの遊びような、体には「しなやかさ」が必要である。

  脳の9割は「バランス」を保つためにエネルギーを使っている。
  姿勢の悪い人というのは、本来にもっと使えるエネルギーがあるのに、
  バランスを取るためにその分無駄にエネルギーを消費している。
  故に、健康であるためには、体、姿勢という「受け皿」を
  日々の生活の中で整えておくことが大切なのである。

  「ロウソクは最後の最後まで燃え尽きて終わるのが理想!人生も同じです!」 

以上、宏典さんから頂いた講義から要約でした。 (^-^)/

脳は9割をバランスに使っているとは驚き!

  ヨーガは 心のための体の訓練 体のための心の修養
「ヨーガは脳の訓練」、といわれるのはここにありました。
Asanaでは脳がフル回転になっているからこそ、
体への集中とその時の意識の向け方が大切になってくるのですね!

体と心と姿勢は深い関係にありました。
そしてどれにも関わっているのはやはり「呼吸」だと思います。
ヨーガの八支則第4番目にある、Pranayama=調気法、呼吸法
肉体と心理の部門に大きく関わっているポイントがここにあるようです。


さて、2回目の講座は「健康になるための食事法」についてです。
ヨーガと食は深い関わりがあります。食事法はその人の生き方そのものですから。。
次回どのようなお話が伺えるか楽しみです♪
宏典さん路子さん、ありがとうございました。 


テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

健康講座 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<祈り | HOME | 人生は作品>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。