“Global Heart”

~ Yogaでシンプル・ライフ from Greenwich CT ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「Chernobyl Heart」上映会のお知らせ

 「福島は、チェルノブイリに学ぶしかない
  ・・・・悲しみを繰りかえさないために」

そう記された『子どもたちを放射能から守るために』を読んでいました。
チェルノブイリ原発事故被災地の医療支援をされた医師で現松本市長の菅谷昭氏が
著された本で、「放射能を正しく知り、放射能から正しく守る」方法が語られていました。
外部被ばくと内部被ばくの違い、内部被ばくがもたらす大きな影響などについて
何ができ、何をしたらいいのか・・・、と改めて考えていたところ。。

このような上映会があるという情報を今日いただきました!
皆さんとシェアさせてください。
Kさんありがとうございます!

以下、頂いた内容と添付資料です。


原発事故問題に取り組んでいる平和団体がCT周辺に住んでいる日本人に
もっと核の問題を知ってもらおうという趣旨で、2003年に製作された
「Chernobyl Heart」というアカデミードキュメンタリー賞受賞映画の
上映会がグリニッチで行われます。 

映画監督のMarianne De Leoさんは先月日本に滞在され状況を視察されました。 
この上映会には監督自ら参加され皆さんと質疑応答の時間を設けられます。


11月17日(木)6:30pmより 
グリニッチ図書館にて(英語版上映)/詳しくは添付の資料をご覧ください。

チェルノブイリの原発現場から80km離れた国では事故後25年経過した今でも
85%の新生児が何らかの奇形や障害を持って生まれてくる現実、
成人するまでの癌の発生率が40%近くあるという原発事故後の実態を把握して、
今日本で起きている問題をどう考えるかの機会を持つ事が目的です。
原発反対を喚起するのが目的ではありません。 
前売り券を販売しますが、経費を除いた全額が日本の義捐金に回ります。

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<時には身を委ねて | HOME | 11月の訪れ>>

この記事のコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-11-08 Tue 19:38 | | #[ 編集]
心がじわーっと温かくなりました♪
私は生きてるよ!変わらず生きてるよ!^^
貴女のエネルギーが私にも還元されています。
いつもありがとうね♪いてくれてありがとう♪
2011-11-09 Wed 22:41 | URL | Makiko #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。