“Global Heart”

~ Yogaでシンプル・ライフ from Greenwich CT ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

反哲学入門

<存在する>ということをどう捉えるか・・・

久しぶりに爽快な本に出会いました!
木田元先生の『反哲学入門』です。

大学で哲学の勉強をしていた頃、存在について、人生について・・・
<それはなんであるか>と必至に問いかけていた頭でっかちな自分を思い出す。
それから後にヨーガと出会い、
思考とは身体との共同作業だと思えるようになったこと。。
そんな自分自身の精神の変遷が
プラトンからハイデガーまでの哲学史と重なり、
欧米の精神史と共に自分自身を一望したような思いです。

ハイデガーは、現存在(「人間」をいう)が存在するということを
どう解するかを時間的構造をもちいて分析することによって
既存の哲学を転換しようと試みました。
そんなハイデガーの思索を木田先生は次のようにまとめられています。

「存在するものの全体を、生きておのずから生成するものと見、
自分もその一部としてそこに包みこまれ、それと調和して生きるときと、

その存在するものの全体に、<それはなんであるか>と問いかけるときでは、
存在者の全体へのスタンスのとり方がまるでちがい、

そんなふうに問いかけるときは、問う者は問いかける存在者の全体の外の特権的位置、
あるいはそれを超えた特権的位置に身を据えているにちがいない・・・」(p286より)


「存在する」ということを
<作られてある=被制作的存在>と解すか、
<成りいでてある=生成>と解すか。
これは超自然的存在や神の存在証明を持ち出さなくても・・・
「ある」をどう解するかで大きく違う世界観を生み出します。

身近なものごとに当てはめて考え応用できます。
試して見てください。



先日、「Chernobyl Heart」の上映会に行って参りました。
想像以上に辛い映像でした。
まだ心の整理ができません。

チェルノブイリで過去に起きた確かなことを知る必要があり、
今現実に日本で起きていることを正しく怖れる必要があると思う。
過去歴史から学び、未来を想像し創ることができるのは常に常に今なのだから。。

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術

| コメント:2 | トラックバック:0 |
<<Happy Thanksgiving | HOME | 時には身を委ねて>>

この記事のコメント

私は以前HBOで放送された時見た事があります。生まれ落ちたその時から逆らう事の出来ない運命を背負いただただ自分の今を受け入れるしかない多くの子供達、そして無力で何も出来ずただ側に寄り添うだけの親、育児を放棄してしまう親…
逃げる事もどうする事も出来ないのです
 この先進医療大国アメリカでも親に抱かれる事もなくひっそりと暗い病室で闘病生活を一人孤独に毎日を過ごしている小さな子供達をマー君の入院中、何十人も見てきました。
 胸が張り裂けそうになり、マー君を抱きしめ治療を受ける選択肢がある事、多くの人にサポートし協力を得られた事に感謝せずにはいられませんでした
 人は一人では無力で…でも少しでもきっと出来るとがある筈です。これからをになう次世代の子供達に苦痛と苦悩が少しでも減る事を願ってどうあるべきか努力すべき時が来たのだと思います
 一人でも多くの子供達、親となった人達が笑顔でシアワセだと普通に暮らせる世の中になってほしいと願います
2011-11-22 Tue 18:18 | URL | みやちゃん #-[ 編集]
みやちゃん、思いを寄せてくださってありがとう。
上映会は「White Horse」という短編の2本で構成されていました。
事故から20年、原発事故後初めて故郷に帰った青年の姿がありました。
廃墟となった住んでいたアパートへと向かい、色褪せた時間が止まってしまった1986年のカレンダーを見つめて言った。。
「近親者の10人が癌で死んだ。放射能とは無関係といわれる事をオレが信じると思う?オレもそうやって死ぬんだ。とんだ犬死だろ」
字幕は英語でしたが、最後に「ひとりぼっちだ」とつぶやいた彼の表情が忘れられません。
撮影された一年後、彼も亡くなったそうです。享年27歳でした。

以下、マリアン・デレオ監督からのメッセージです。
チェルノブイリ原発事故を題材に映画を撮った私には福島の原発事故は「悪い夢」のように思える
「4半世紀に一度、事故が発生したとしても、それでも原子力発電所は安全だ」という人がいる
同じ言葉をウクライナやベラルーシの人々に向かって言えるだろうか?
彼らは何十年も、残留放射能と共に暮らしている
この言葉を甲状腺がんに侵された何千人ものティーンエイジャー達に言えるだろうか?
今はただ、フクシマが第二のチェルノブイリになる前に収束することを切に祈る。
2011-11-22 Tue 23:19 | URL | Makiko #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。