FC2ブログ

“Global Heart”

~ Yogaでシンプル・ライフ from Greenwich CT ~

わたしにふれてください

少し前、とても好きな詩があります、とある方が本を紹介してくださいました。

そのタイトルがとても気になって、ずっと心に残っていたので、
週末に所用でマンハッタンに行った時、紀伊国屋書店に寄ってみました。
でも教えて頂いた本は見当たりませんでした。
新しい店舗をうろうろして、(日本の皆さま!Bryant Park近くに移転したのですよー。)
ふと手にした本はその詩の本と全く関係のないものだったのですが、
びっくり、その中に詩が載っているではありませんか!
引き寄せられたのでしょうか。。

わたしにふれてください・・・
というフレーズでつづくこの詩は素敵な言葉で綴られていて、
温かい気持ちに包まれ、胸がいっぱいになります。


『Please Touch Me わたしにふれてください』

もしわたしがあなたの赤ちゃんなら
どうぞ、わたしにふれてください
今までわたしが、知らなかったやさしさを
あなたからもらいたい
あふろにいれてください
おむつを替えてください
おっぱいをください
きゅっとだきしめてください
ほおにキスしてください
わたしの体をあたためてください
あなたのやさしさとあなたのくれる快楽が
わたしに安心と愛をつたえてくれるのです

もしわたしがあなたのこどもなら
どうぞ、わたしにふれてください
いやがるかもしれないし
拒否するかもしれないけど
何度もそうしてください
わたしがどうしていやがるかわかってほしいから
おやすみなさい、と抱きしめるあなたの腕が
わたしの夜を甘くしてくれる
昼間にみせてくれるあなたのやさしさが
あなたの感じる真実を伝えてくれる

もしわたしがあなたの思春期のこどもなら
どうぞ、わたしにふれてください
もう大きくなったのだからなんていわないでください
あなたがわたしにふれるのをためらうなんて
思いたくない
あなたのやさしい腕が必要です
あなたのおだやかな声をききたいのです
人生は困難なもの、とわかったいま
わたしの中の小さな子どもがあなたを必要とするのです

もしわたしがあなたの友達なら
どうぞ、わたしにふれてください
あなたがだきしめてくれると
わたしはあなたにとって大切な人だとわかるから
あなたのやさしさが、おちこんでいる私も
かけがえのない存在であることを
思い出させてくれるから
そしてひとりではない、と思い出させてくれるから
わたしにやすらぎをくれるあなたのありよう
それだけがわたしが信じられるもの

もしわたしがあなたのセックスの相手なら
そうぞ、わたしにふれてください
あなたは、情熱さえあれば十分と思うかもしれない
でも、あなたの腕だけが
わたしの恐れをとかしてくれる
あなたのやさしくおだやかな指先をください
あなたにふれられて、わたしは愛されているということを
思い出すことができる
わたしはわたしなのだ、ということを
思い出すことができる

もしわたしがあなたの大きくなった息子なら
どうぞ、わたしにふれてください
わたしには
抱きしめるべきわたしの家族はいるのだけれど
それでも、傷ついたときには
おかあさんとおとうさんにだきしめてほしい
おとうさん、あなたといるとすべてが違ってみえる
わたしが、大切なわたし、であると
思い出すことができる

もしわたしがあなたの年老いた父親なら
どうぞ、わたしにふれてください
あなたが小さかったときに
わたしがあなたにふれたと同じように
わたしの手をにぎり、わたしのそばにすわって
わたしを力づけてください
わたしの疲れた体によりそい、あたためてください
わたしは随分しわくちゃになってしまったけれど
あなたのやさしさに力づけられる

どうぞ、何も恐れないで
ただ、わたしにふれてください

――フィリス・K・デヴィス
原作者Phyllis K.Davis、翻訳者三砂ちづる



今日は母の誕生日でした。
8年前に他界した母がもし生きていてくれたなら69歳…
早くして旅立ってしまった母に、もっともっとハグしておけばよかった。。

大切な人にいっぱいいっぱいハグしましょ。






テーマ:大切なこと - ジャンル:ライフ

| コメント:0 | トラックバック:0 |
<<春爛漫! | HOME | 一音一音にkiss♪>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |