FC2ブログ

“Global Heart”

~ Yogaでシンプル・ライフ from Greenwich CT ~

音楽三昧♪

Mozart concerto 20 in d, K.466 - 1. Allegro (1of2) Gulda

Mozart concerto 20 in d, K.466 - 1. Allegro (2of2) Gulda

Mozart concerto 20 in d, K.466 - 2. Romance Gulda

Mozart concerto 20 in d, K.466 - 3. Rondo ; Gulda

 Friedrich Guldaがオーケストラの指揮をしながら、ピアノ演奏をしている
Youtubeの貴重な、面白い映像です。
曲は“モーツァルト ピアノ協奏曲 第20番”。。短調の美しいコンチェルト♪

先週末、New York Youth Symphonyのドレス・リハーサル・コンサートがありました。
30日に行われるカーネギー・ホールでの定期演奏会が本番です。
今回の曲目の中に、上のコンチェルトがありました。
ソリストは、上海出身のHaochen Zhang。 彼はまだ16歳。
でも、ピアノに向かうと、まるで別人です。
こころにストレートに響く、躍動感。。 情感たっぷりの素晴らしい演奏でした。


この日、娘はもう一つのオケ、Stamford Young Artists Philharmonic
のコンサートが重なり、夜には別のホールへ。。
こちらのソロ曲には、メンデルスゾーンのバイオリン協奏曲がありました。

Mendelssohn - Violin Concerto

(Sarah Chang: Mendelssohn Violin Concerto Mvt.1 Part1)
(Sarah Chang: Mendelssohn Violin Concerto Mvt.1 Part2)

これを奏でたゲストソリストは、韓国出身のJune Lee。 彼女も16歳。

オケとソリスト達のピュアな響きが、ハートに直球できます!

プラトンは、人格形成を目指す初歩教育に関して述べている中に、
人間の魂(人間の精神)に善いリズムと、ハルモニアをつくりだす美育として、
音楽と体育の教育を採り上げています。(魂を真実在へと引っぱっていくものとして。。)
彼らは若くして、その魂はイデアの真実在の世界を垣間見ているかのような・・・
そんなことを思わせる響きでした。

この日、聴いた曲、10曲あまり。。その夜、眠りについても心地いい音が鳴り響く。。
音のシャワー、脳のバランス調整にも刺激にもなりました♪




テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

Art&Music | コメント:5 | トラックバック:0 |
<<流れ | HOME | 九星氣学>>

この記事のコメント

モーツァルトいいですねー。
大好きです。
私の子供達も、音楽を習っていますが、
毎日、練習、練習、練習。
母親も、大変です。
でも、それでも音楽っていいですよねー。

2008-11-18 Tue 22:58 | URL | Brownie #-[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2008-11-19 Wed 08:29 | | #[ 編集]
私も好きです(^-^)家のどこかにCDがあったはず・・
どちらかというと元祖ヴィジュアル系アーティスト?!グレングールド派?なんですが・・・
(いずれにせよ斬新なタイプが好き)

絵も、音楽も、料理も、魂の響きを表現してくれるツールなのかなあと思うこのごろです。

2008-11-19 Wed 08:48 | URL | MIYO #vqm8JHu.[ 編集]
Brownieさん

>毎日、練習、練習、練習。 母親も、大変です。

はい。よくわかります。昔、母娘でよく格闘していました。^^
音楽とは別の道へ進むようですが、してきた苦労や経験は
彼女の大きな糧となっているようです。
今では感謝されます。
「続けさせてもらって、ありがとう」って。。ウルウルです。
教育してもらっているのは、本当は母親の方ですね。
2008-11-19 Wed 19:34 | URL | ディオティマ #-[ 編集]
MIYOさん

グレングールド!と来ましたか。。斬新!!
いつも歌っていますね♪弾き始めると、もう彼は憑依されているかのように。。^^
楽しいです。彼のバッハが好きです。

>絵も、音楽も、料理も、魂の響きを表現してくれるツールなのかなあと思うこのごろです。

まさしくコレです!e-420
2008-11-19 Wed 19:46 | URL | ディオティマ #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |